ドラマ「コンフィデンスマンJP」の第7話の感想

第7話『家族編』

第7話のターゲットは病に冒され死期が間近に迫る経済やくざの与論要造(竜雷太)とその一家です。
長い間連絡さえも取れていない末娘にダー子がなりすまします。
ダー子は一家の目を欺き与論家の財産を騙し取ることができるのか。
そしてサプライズゲストで前田敦子や中尾明慶も登場します。
とある海辺の町に佇む与論要造(竜雷太)邸に末娘の矢島理花になりすましたダー子が訪れます。
幼い頃に要造の元を飛び出して以来、理花に会っていないので偽物であることは分かっていない様子で兄の祐弥も姉の弥栄も騙されています。
要造の家を飛び出してから18年が経ち家族に会いたくなったと語るダー子扮する理花。
行くあてのない理花に要造は一緒に暮らすように言います。
しかし、何となく弥栄は理花の事を疑い始めています。
自分の部屋を案内もなく探し当てたダー子に要造は笑顔でお帰りと言います。
数年前にとあるバーで本物の矢島理花と出会っていたリチャードは理花が夜の仕事を転々とするうちにスリにまで手を染めるようになったと話します。
リチャードの財布をすろうとしたした理花は逆にリチャードからすられてしまいました。
リチャードはこの程度ではこの世界では生きて行けないと諭しますが懲りずにスリを繰り返して警察に捕まってしまうのです。
理花の家財道具を預かったリチャードはそれをあじとに運び込みます。
その中から理花の母の遺言を見つけたのがダー子でした。
理花は要造と愛人関係にあった母の間に生まれた子供で遺言には父親である要造の家の金庫に10億円の証券があると書かれていました。
早速、ダー子は刑務所にいる理花のもとを訪れ要造や家族の話を詳しく聞き出して理花になりすまし、要造家へ潜り込みます。
五十嵐の調べにより理花を偽物だと疑っている姉の弥栄と兄の祐弥も実は偽物で年寄りを騙して小銭稼ぎをしている詐欺師だということが分かりました。
偽物同士の真剣勝負をダー子はさらにやる気を出し始めるのでした。

「コンフィデンスマンJP」の第7話「家族編」の予告動画

「コンフィデンスマンJP」の第7話「家族編」のキャスト

  • 長澤まさみ
  • 東出昌大
  • 小日向文世
  • 佐津川愛美
  • 竜雷太
  • 小手伸也
  • 岡田義徳
  • 桜井ユキ
  • 前田敦子
  • 中尾明慶
  • 「コンフィデンスマンJP」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

    「コンフィデンスマンJP」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *