ドラマ「コンフィデンスマンJP」の第5話の感想

第5話『スーパードクター編』

「コンフィデンスマンJP」第5話、今回のカモはかたせ梨乃演じる大病院の理事長野々宮ナンシーと、永井大演じる息子、若きスーパードクター新琉です。
彼らはマスコミを利用して病院を盛り立てて患者を集め、難しい手術を次々に成功させているということでしたが、実は腕の良い医師らを酷使することでその病院を支えさせていたのです。
たまたまリチャード(小日向文世)が虫垂炎で入院します。
そんな事情を知ることになったダー子(長澤まさみ)でしたが、リチャードの手術の執刀医であった田淵(正名僕蔵)が、その病院の余りのブラックぶりに嫌気がさして辞めようとします。
そこに、彼が新琉の影武者として難しい手術を担当していたことが世間にばれるのを恐れたナンシーが、彼を陥れてクビにしたという事件が起こりました。
しかし田淵がいなかったら、これまでの華々しいスーパードクターっぷりを演出することはもうできなくなる、ということで、必死にその後任を探し始めたナンシーと新琉ですが、そんな隙をダー子らに突かれてしまうのです。
送り込まれることになったのは永井大に負けず長身でイケメンなボクちゃん(東出昌大)で、これもまたイメージ戦略はばっちり。
医療ドラマにありがちな『ボストンの名医』の薫陶を受けた若い医師という設定はぴったりで、視聴者もその雰囲気にのまれてしまいそうになります。
しかし、医師の腕というのは、そんなにも見た目とリンクするものなのだろうか、そしてイメージに振り回されてしまうマスコミや、患者の立ち位置が滑稽で、とても怖いものである、ということがじわじわと伝わってくるのです。
そこに新琉やボクちゃんとはまさに正反対の空気をまとって、そこに存在しているのが田淵医師です。
演じる正名僕蔵さんはさまざまな作品で名わき役として活躍している中堅俳優さんですが、気配を消すようにしてじっと『普通の人』を演じ、その中にも強い個性をにじませて印象を残すという芝居をする、稀有な存在です。
本当は『スーパードクター』と呼ばれるべきなのは彼なのに、そのイメージとの間に大きなギャップがあって揺さぶられる感じ。
ダー子らが狙うのはそんな人の心の隙間なのかもしれません。

「コンフィデンスマンJP」の第5話「スーパードクター編」の予告動画

「コンフィデンスマンJP」の第5話「スーパードクター編」のキャスト

  • 長澤まさみ
  • 東出昌大
  • 小日向文世
  • かたせ梨乃
  • 永井大
  • 「コンフィデンスマンJP」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

    「コンフィデンスマンJP」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *