ドラマ「コンフィデンスマンJP」の第4話の感想

第4話『映画マニア編』

ダー子こと長澤まさみは食品メーカーである俵フーズの工場長宮下(近藤公園)が、自社の製品が偽装されていると告発しようとしていることを知る。
看板商品であるうなぎのカレー煮は外国産のうなぎを国産だと偽って売り出していたのです。
しかし、宮下のもくろみは社長(佐野史郎)によって阻まれて、告発文が表ざたになることはなくなります。
やりたい放題の二代目社長はどうしょうもない男だったのです。
俵屋の社長を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンである事を突き止めます。
定期購読している「月間キネマ新報」を偽物と差し替え”映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”という偽のバーにおびき寄せ映画の出資を迫ります。
新人映画監督に扮するボクちゃん(東出昌大)とリチャード(小日向文世)が巧みに近づき新作映画がいかに素晴らしいかという事を説くも、なぜか、出資話に乗ってくる気配を見せない俵社長。
作戦がうまくいかない3人に五十嵐(小手伸也)がアドバイスをし、まずは見学に来ないかと社長を誘います。
撮影現場で楽しそうに振る舞う俵の前で映画スタッフ達が資金面でもめ始め、話の流れは俵の資金援助待ちの雰囲気になりながらも俵はいっこうに乗ってこないのでした。
最後の手段とばかりに長澤まさみが中国の人気女優に扮し映画のために来日するという嘘情報を流したところ俵屋はやっと反応を示し、3億円の出資を申し出ました。
出資したことをいいことに映画製作に口出しを始めた社長はセリフも要求し出演まで果たしまします。
エキストラとして参加していた宮下の元にダー子が歩み寄り、一枚の紙を渡しました。
そこにはかつて社長によってはばまれた例の告発文が書かれていたのです。
いよいよ映画が完成し完成披露試写会の席でのこと、画面に現れたのは制服姿の宮下の姿でした。
騒然とする会場内ですが、告発文と交互に写される劇中の社長のセリフによりもはや言い逃れは出来ない状況に陥ったのです。

「コンフィデンスマンJP」の第4話「映画マニア編」の予告動画

「コンフィデンスマンJP」の第4話「映画マニア編」のキャスト

  • 長澤まさみ
  • 東出昌大
  • 小日向文世
  • 近藤公園
  • 佐野史郎
  • 「コンフィデンスマンJP」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

    「コンフィデンスマンJP」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *